受賞歴

第26回福岡市都市景観賞・市民賞 あいたか橋

アイランドシティと香住ヶ丘をつなぐ日本最大級の歩行者・自転車専用海上橋です。
周辺住民のウォーキングや散策道としても利用され、海風を感じつつ、開放的な海辺の景観が楽しめます。

<受賞年>  
 平成27年3月22日

<事業概要>
 ●位 置:福岡市東区香椎照葉1丁目
 所有者:福岡市 港湾局
 ●設計者:(株)技術開発コンサルタント、(株)五省コンサルタント、
      八千代エンジニヤリング(株)
 ●施工者:宮川建設(株)、 (株)富士ピー・エス、 (株)ニューテック康和九州支店、
      (株)エム・テック九州支店、 みかど産業(株)、福岡道路(株)、
      SMCシビルテクノス(株)九州支店

 

低炭素杯2018 企業部門・優秀賞 
 落差が小さい農業用水路等での小水力発電装置開発の実証試験

<受賞年>
 平成30年2月15日

<受賞者>
  木原 泰信
  黒谷 透
  藤永 正幸

水中のフラッターによる流れのエネルギーを利用した小水力発電装置です。
従来の水力発電の方法とは全く異なり、殆ど落差のない農業用水路などの「流れ」による「運動エネルギー」を取り出し、電気に変えることができます。


「超低落差用フラッター小水力発電システム」のもっと詳しい内容はこちら!


◆「フラッター小水力発電システム」とは?

フラッター水力発電装置は、水中翼が流れの方向に対して左右に往復運動をすることで発電します。落差が少ない低平地の水路でも、水量と流れがあれば小水力発電が可能となり、これまで不向きとされていた場所での発電が可能となります。

◆「フラッター小水力発電システム」の優れた点は?

これまでに普及している水力発電装置では、水車やプロペラを速い水流を利用して高速で回す形式が多く、水路に滝のような落差を作る工事が必要で、環境への悪影響や費用の増大が懸念されました。
一方、フラッター水力発電装置は、普通の水流でも十分な発電ができるため、水路への設置が容易となります。また、高速回転部を持たないため、水中生物に優しく、環境に配慮したシステムです。

この開発は、福岡工業大学・工学部知能機械工学科の阿比留久徳教授と共に行い、落差がない流れの緩やかな水路に低コストで設置できる「フラッター水力発電装置」に関する技術発明の特許権を取得しています。

◆設置事例

現在、熊本県南阿蘇村の農業用水路に設置し、稼働しています。
蓄電したエネルギーは、小学校の通学路上の暗い道へLED街灯をの点灯に活用しています。

 

第15回ヒートポンプ・蓄熱シンポジウム・奨励賞
 島原市温泉給湯所における温度差エネルギー高度複合システム実証事業

<受賞年>
 平成30年7月23日

<受賞者>
  古川 隆三郎 [島原市]
  内木 正人  [宝酒造株式会社]
  木原 泰信  [(株)技術開発コンサルタント]



事業概要

この事業は、島原市が所有する温度の低い源泉において、3基の灯油ボイラーにて加温していた既存システムを、地元の民間工場からの排湯を熱源とするヒートポンプ方式に変更し、高度な複合熱利用システムを構築した事例で、「島原市」、「宝酒造株式会社 島原工場」、「株式会社技術開発コンサルタント」の3者にて行われました。

実証効果

本事業で導入したヒートポンプシステムは、従来の灯油ボイラーシステムと比較して、
エネルギー消費量65%減、エネルギーコスト71%減、CO2排出量67%減(平成28~30年度実証結果の平均)という省エネ効果が得られています。




本事業関連の表彰・講演会など

環境省が主催する「地球温暖化防止活動 環境大臣表彰」の「対策技術先進導入部門」で受賞しました。
 ●受賞年:平成29年12月4日
 ●受賞者 :島原市
 ●タイトル:島原市温泉給湯所における温度差エネルギー高度複合システム実証事業


エコテクノ2019の「熱ソリューションセミナー ~地域熱資源の利活用と省エネ・防災・コンパクトシティ」において、事例紹介の講演を行いました。
 ●講演日:令和元年10月10日
 ●講演者:島原市・産業部・しまばら観光おもてなし課
      (株)技術開発コンサルタント
 ●タイトル:島原市温泉給湯所における民間工場排湯熱の面的利用

 


学会発表の受賞歴

平成29年度農業農村工学会九州沖縄支部(第98回)・支部賞


<優秀賞> 
 ●受賞者 :吉松由希恵、木原泰信、住吉和彦
 ●受賞内容:低平地域における水路整備事業の効果検討



平成28年度農業農村工学会九州沖縄支部(第97回)・支部賞

<優秀賞>
 ●受賞者 :藤永正幸、木原泰信、 黒谷透
 ●受賞内容:廃棄物系バイオマスの活用促進へ向けての 「し尿処理方法」の一例

平成26年度農業農村工学会大会・学会賞


<優秀技術リポート賞>
 ●受賞者 :田村和彦
 ●受賞内容:
  既存ストック(ため池群)を有効活用した洪水減災対策


平成24年度農業農村工学会九州沖縄支部(第93回)・支部賞


<優秀賞>
●受賞者 :木原 泰信、黒谷 透、藤永 正幸
●受賞内容:
 低平地の農業用水路での小水力発電における実証試験
 ~超低落差用フラッタ方式水力発電システムの開発~


<研鑽賞>
 ●受賞者 :田村和彦
 ●受賞内容:
  第85回(H16) 広域監視水管理システムの構築
  第88回(H19) スレーキングが土水路法面に及ぼす
                 影響に関する一考察
  第93回(H24) 既存ストック(ため池群)を
          有効活用した災対策に関する一考察